PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お別れの会

今日はイラストなし、しかも長いです(^^;



めったに芸能人に興味を示さない姉が、
「この人にだけは会いたい」とずっと言っていたのが
C-C-Bの渡辺英樹さんでした。


8月10日、先月急逝されたC-C-Bの渡辺英樹さんの
お別れの会に、姉とふたりで参列してきました。

以下、グータラが普段呼ばせていただいている
呼び方で「英樹」と書かせていただきますね。


会場のライブハウスには、
ロビーにゆかりの品の展示スペースと献花台。

献花台は「Lucky Chanceをもう一度」の歌詞にちなんだ
ピンクのバラで埋め尽くされ、
遺影は昨年12月に撮影されたものでした。

ライブは、C-C-BやVoThMなど
英樹が在籍していたバンドのメンバーが出演し、
英樹が作った曲を中心にそれぞれのバンドの曲を演奏しました。

ステージには英樹の服を着せたトルソーと愛用のベースが置かれ、
スクリーンに英樹の映像が流され、
英樹のヴォーカルとベースのパートは過去の音源を使用、
それに合わせてミュージシャンたちがセッションする形だったので、
そこに英樹がいるみたいなライブでした。

VoThMの「SNOW」でグッときて、
続いて登場したヨっちゃん(野村義男氏)が
演奏中泣き出してしまったのが
泣けて泣けてしょうがなかったです。

「Let's Go Climax」は曲中、ファンだけに歌わせる箇所があり、
スクリーンの中の英樹に「昔はもっと(声が)出てただろー!」と煽られて
また泣きそうになりました。

笠くんがMCで最近の英樹について
「なんか急にとってもいいお兄さんになっちゃって。
 前はすごい憎たらしかったのに。最近ちょっと良かったんだよね」
と言っていて。

急に倒れて亡くなったから、
自分が亡くなるとは夢にも思っていなかったはずなのに、
虫の知らせというか、何か不思議なものが英樹の心に働いていたのかなぁ。
と思ったら、また泣けてきて。


でも、笠くんとヨネち(米川くん)が
終始明るく、いつもの感じでいてくれたので、
泣くばっかりでなくライブを楽しむことができました。


お別れの会、参列して良かったです。

今まですばらしい音楽をありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたします。


画像は、形見分けとして参列者に配られた
衣裳の切れ端とピック。
150816_01



------------------------------

←ブログランキング参加中!現在105位。 ─ これからこういう機会が増えるのかと思うと今から辛い…。

※非公開ご希望でいただいたコメントは、
 お返事はしませんがきちんと読ませていただいています。

| その他趣味 | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gtwanko3.blog111.fc2.com/tb.php/597-d7ce875c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT