PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東北・関東大地震

恐ろしい大地震が起こってしまいました。
みなさん大丈夫ですか?
グータラや家族は無事です。


グータラは職場の倉庫で、バイトさんとふたりで被災しました。

大きな揺れで棚などが倒れ、商品が散乱しました。
足がすくんで座り込んでしまい、「倒壊するかも…!」と思ったとき、
倉庫の管理会社の方から「外に出ましょう!」と声をかけられ、
無我夢中で駐車場に避難しました。

非常口から出口までの階段には、
天井や壁がボロボロと剥がれて散乱。

駐車場から見た倉庫は、
グラングランと波打つように大きく揺れて、今にも倒壊しそう。


命からがら避難したので、ケータイも財布も持たず。
その上、バイトさんが「ヒーターを消し忘れたかも」と言います。


津波の心配もあったので、すぐにその場を離れたかったのですが
何しろ着の身着のまま避難したのでどうしたら良いか…。

そこで、ものすごく危険なことは承知の上で、
思い切って荷物を取りに戻ることにしました。


大急ぎで戻り、つけっぱなしだったヒーターの電源を切りました。
グータラの荷物の上に重い棚が倒れていましたが、
なんとか隙間から上着や荷物をすべて引っ張り出したところで余震が。
あわてて外に出ました。

倉庫は一部冠水してました。


姉から「大丈夫?実家電話通じない」とメールが来てました。
倉庫がこんなだから、築25年の我が家は崩れているんじゃないかと
とても心配になりました。何より愛犬のことが心配。

ケータイで実家に電話すると繋がり、
「もしもしー、あら、どうしたの、大丈夫ー?」と、母ののんきな声…。
その第一声を聞いて、父も母も愛犬も家も無事であると察知。
「あんたの部屋でモノが落ちたくらいで、あとは何ともないわよー」だって。

本社に電話して、
「仕事どころではないので帰る」と告げたものの、電車が運休。
バイトさんはタクシーで帰ることになりましたが、
グータラの家はタクシーで帰れるような距離ではありません。

が、ちょうど倉庫の最寄駅前から叔母の家までのバスが出ているので、
叔母と連絡を取り、叔母の家へ向かうことにしました。
(当ブログでお馴染みの叔母といとこの家です)

実は、前々から「もし電車が運休して帰れなくなったら、
このバスで叔母さんの家に行って泊めてもらおうっと」と、
なんとなく思っていたのです。

まさか本当にそうなるとは…。


バスなら20~30分で行ける距離が、
渋滞のため2~3時間かかりました。

向かう途中、車窓から火災が見えて、とても怖かったです。

バスを降りると叔母が迎えに来てくれていて、
叔母の家では叔母の家族があたたかく迎えてくれました。

あれ、でも、叔母の家もなんともない…。
もしかして、あんなにひっちゃかめっちゃかになったの、
うちの倉庫だけ…!?どんだけ耐震性無いんだよ!!

その晩は叔母の家に一泊、
翌日は電車も動いていたので、お昼に自宅に戻りました。
前日に大地震があったとは思えないほど、
あっさりと何事もなく、すんなり帰宅できました。


ちなみに、叔母の娘(いとこ)も職場から帰れなくなり、
グータラ家に一泊しました。

ハイ、グータラはいとこの家の近くで働いていて、
いとこはグータラの家の近くで働いているんです。

職場が逆なら良かったのに…と思いました…。


ちなみに地震のとき、母は仕事が終わって帰るところで、
父も外出していたようです。
愛犬は、ひとりぼっちで心細かったのでしょう、
いつも寝てばかりなのに その夜はいつまでも眠らなかったとのこと。

姉は職場の歯科医院で、みんなが外へ避難したあと、
医院内に残っている人がいないかどうか確認しに行き、
恐ろしさのあまり動けなくなってしまったお年寄りの患者さんを見つけ、
揺れがおさまるまでその場で付き添っていたそうです。

とにかく、グータラや家族、親戚は無事でした。

今も余震が続いて怖く、眠いのになかなか寝つけません。



------------------------------

←ブログランキング参加中!現在89位。 ─ あんな怖い体験、はじめてです。

| 雑記 | 00:41 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

グータラさん、結構怖い目に、あったのですね。私もとっても怖かったです。私も職場は倉庫なので、ゆれて物が倒れたりしました。幸い、最小限の被害で済んでいますが、、、、。
自宅は、何ごともなかったかのようです。家族も皆無事でした。ただ地域によっては停電で心細い一夜を開かしたようです。
しかし、日に日に色々な問題や被害の状況が明らかになってきて、ただ事ではないと実感しています。
まだまだ、余震も続いています、。くれぐれも気をつけてお過ごしくださいね。

| nanapu | 2011/03/13 17:11 | URL | ≫ EDIT

運転中のうちの工場の3m近い機械も上部が左右にグワングワン揺れました。
歩くのもままならない状態で機械にたどり着き、とりあえず押さえたけど、一瞬「私、圧死する?」と思いました。
まぁ、何事もなかったのですが、家の方はなんともありませんでした。せいぜい棚の上の物が少し落ちた程度。
あの機械の揺れはなんだったのでしょう?

| バルおばさん | 2011/03/13 19:03 | URL | ≫ EDIT

nanapuさんへ

本当に、恐ろしかったです!
倉庫はモノがたくさんあるので、落下物などが怖いですよね。
でも、私なんかは職場の近くに叔母が住んでいて、
そこまでのバスがあって、しかも待たずに乗れて、
20時過ぎには叔母の家にいたので、まだマシな方だったと思います…。

| グータラ | 2011/03/13 23:52 | URL | ≫ EDIT

バルおばさんへ

ものすごい揺れでしたよね!
私も倉庫があれだけめちゃくちゃになったのに、
自宅がまったく無傷だったのが不思議です。
それだけ倉庫の耐震がなってなかったということなんでしょうか…(-_-;

| グータラ | 2011/03/13 23:55 | URL | ≫ EDIT

ご無事で何よりです。

本当に凄かったですね。二次、三次災害も酷いですし、まるで映画を観ているようです。。。涙
助け合う温かさの中に、善意を利用しての詐欺行為もあるようで、世の中のあり方に困惑しますが、、、。汗
少しでも早く平穏な日々が戻ってくることを祈るばかりです。

| natural | 2011/03/14 10:44 | URL | ≫ EDIT

遅くなりました。
グータラさん、ご無事でなによりです。
東京の西部でも震度5弱でした。すごかったですね~。
交通マヒになると「帰宅難民」になるんですね。
都会って大変だ~。
広島に勤めてたときは意地でも歩いて帰ってたけど
こっちだと県をまたぐ人が多いからムリですよね~。
野宿にならなくてよかったです。
テレビを見るとどんどん被害が明らかになって、
涙が止まらなくなります。
連動して物資や燃料がなくなって、その対策で
停電をすれば経済が落ち込んで・・・
日本は正念場というところでしょうか。
まずは被災者の救済や被災地の援助が最優先。
少々の不便は我慢しないといけないですね。
まだ大きな余震がきています。
お互い気をつけましょうね。

| あび | 2011/03/14 13:23 | URL | ≫ EDIT

naturalさんへ

なんとか無事でした…。
まだ大きめの余震もあるのでおちおち寝ていられません。
職場は海が近いのに奇跡的に津波の被害はありませんでした。
でももし、家や職場あたりが震源だったら…と思うと、
恐ろしいですね。

| グータラ | 2011/03/14 13:58 | URL | ≫ EDIT

あびさんへ

私も叔母が近くに住んでいなかったら、
どこかの避難所で一夜を明かしたかもしれません…。
家から遠く離れた場所で働くって、こういうことなんだなって実感しました。
それに、自分の職場の建物のもろさを目の当たりにしてしまって…。
ちょっとだけ、自宅付近への転職を考えております…(-_-;
原発のことも、気になりますね…。

| グータラ | 2011/03/14 14:03 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gtwanko3.blog111.fc2.com/tb.php/365-07967f8f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT